次回から『ぶろなび』と検索ください。

【超簡単】アドセンスの「ads.txt」を設置する方法【ConoHa WING編】

悩んでいる人

ConoHa WINGでブログを開設してGoogleアドセンスを設置したんですが、要注意というエラーが出ています。
ads.txtというファイルを設置しないといけないけど、どうやったらいいですか?

そんな疑問にお答えします。

最近エックスサーバーからConoHa WINGにサーバーを移管したところ、Googleアドセンスで次のようなエラーメッセージが表示されました。

Googleアドセンスエラー表示
Googleアドセンスのエラー表示

内容を確認すると、エラーを解消しないと収益に影響がでるって書いてます。
一瞬見たとき結構焦りました(笑)

ダウンロードしたファイルをアップロードするんですが、これがどこにアップしたらいいのか分かりませんよね。
そこで、今回はConoHa WINGを使っている方限定で、秒速で解決する方法を紹介していきます。

ConoHa WINGを利用している人限定ですが、本記事を読み終えたらこのエラーに迷うことはなくなりますよ。

イケダ

ファイルマネージャーなど難しいものは触らないので安心してくださいね

目次

Googleアドセンスのads.txtを簡単にアップロードする方法

Googleアドセンスのads.txtを簡単にアップロードする方法

超簡単なのでサクッと終わらせましょう!

手順は次の通り、

  1. Googleアドセンスでads.tetファイルをダウンロード
  2. ConoHa WINGに設置

手順①:Googleアドセンスでads.tetファイルをダウンロード

まずは、Googleアドセンスにアクセスします。

>>Googleアドセンスにアクセス

「今すぐ修正」⇒「ダウンロード」をクリック
「今すぐ修正」⇒「ダウンロード」をクリック

手順としては、

  1. 今すぐ修正をクリック
  2. ダウンロードをクリック

といった感じです。

ちなみに、ダウンロードをクリックすると『ads.txt』というテキストファイルがダウンロードされます

中身を開くと、

ads.txtの中身
ads.txtの中身

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, XXXXXXXXXXXXXXXX

という、数字と記号が記載されています。
これを少し後で使いますので、コピーしておきましょう。

次はConoHa WINGにでの操作に移ります。

手順②:ConoHa WINGに設置

まずは、ConoHa WINGの管理画面にアクセスしましょう。

>>ConoHa WINGの管理画面にアクセスする

「WING」⇒「サイト管理」⇒「応用設定」⇒「ads.txt設定」をクリック
「WING」⇒「サイト管理」⇒「応用設定」⇒「ads.txt設定」をクリック

手順としては、

  1. WINGをクリック
  2. サイト管理をクリック
  3. 応用設定をクリック
  4. ads.txt設定をクリック

といった感じです。

ads.txt設定をクリックすると、次のような画面が表示されます。

「鉛筆マーク」をクリック⇒「ads.txt」の内容をコピペ⇒「保存」

手順としては、

  1. 鉛筆マークをクリック
  2. 空白欄に先ほどダウンロードした、ads.txtの内容をコピペ
  3. 保存をクリック

といった感じで、これにて作業完了です。

イケダ

すぐには反映せず、アドセンスのエラーメッセージが消えるのは1日、2日後なので気長に待ちましょう。

まとめ:ConoHa WINGだとads.txtの設定も超簡単

こんな感じでConoHa WINGだと簡単に色んな事が設定できてしまいますね。

ちなみに、今方法は公式サポートにも記載されていることですが、僕みたいに探すのがイヤな方のために記事にしておきました(笑)

僕と同じような方のお役に立てれば幸いです。

今回は以上です。
終わり。

Googleアドセンスの貼り付け場所は次に記事をどうぞ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる